イメージ1

大切にしよう。信頼関係

友達にお金を借りる方法として有効なのが、借金です。
ただ、金の切れ目が縁の切れ目といった言葉もあるように、いつでもどんな友達でも簡単に借りれるということではありません。
こちらでは、友達にお金を借りる方法についての役立つ情報をご紹介しています。

ポイントは、友達からキャッシグするなら少額がベスト

最後まで責任を持って返済できる金額という意味でも、現実的に無理のない範囲内での金額を借りることが大切です。
仮に数百万円といった金額の借り入れを希望した場合には、友情を失いかねません。
借りてもきちんと返済できる金額だと思える範囲の金額を借りましょう。

借入の理由をきちんと伝える

本来であれば、借りたお金を問題なく返済しさえすれば理由を伝える必要はないともいえますが、 それでもあえて、借りたお金の使い道を伝えることは大切だと言えます。
お金を何に使うのかわからないまま貸すのでは、友達も判断しにくく、 お金を貸してくれているあいだに不安や不満も出やすくなります。
お金に余裕があるならばまだ良いのかもしれませんが、金額によっては友人自身も貯金を切り崩したり、 やりくりしてお金を貸してくれる状況も考えられるため、誠意を持って使い道を伝えることが大切です。

返済計画をあらかじめ伝える

あらかじめ、借りたお金はいつ返済するのか?一括返済が難しいのであれば毎月どれくらいの金額をどういったペースで返済するのか? といった返済計画を立てていることが前提となります。
すぐにお金が入るアテがある。ほんの数ヶ月借りるだけだからと思っていても、友達にはこちらの事情はわかりません。
結果的に数カ月ですぐに返済できたのだとしても、友達はその数カ月を「いつ返してくれるんだろう?」と不安なまま過ごすことになりますので、借金を申し入れる前の段階で、しっかりと返済計画を伝えておきましょう。
また、一括返済できればベストですが、それが無理な場合にはどれくらいのペースで返済すれば良いのか相談することも必要です。

利息を支払う

本来、お金を借りた場合にはその期間に応じて利息を払うのは当然のことと言えます。
それでも、業者とは違って友達からお金を借りる際には、無利息で借りれる場合もあります。借りている期間や金額などによっては、友だちのほうから利息はいらないと言ってもらえることも考えられますが、誠意を見せるという意味でも、まずはこちらからきちんと利息を払う旨を伝えましょう。


キャッシングの金利の読み方

キャッシングを利用する場合に、利用者が一番気になる点は、キャッシングの金利がいくらくらいなのか? ということでしょう。
住宅ローンの場合には、金融機関ごとにある程度フィックスした金利の表示があるにもかかわらず、キャッシングの場合には、xx%からxx%というような感じで、その金利には幅があるので、自分自身がキャッシングを受ける場合には、どのような条件になるのだろうか? という疑問がわいてくることでしょう。

この金利の幅があるというのには、理由があるのです。
住宅ローンについては、融資をする際に、該当する住宅を担保に入れてもらうということができますので、 金融機関としてもお金を貸しても返済してもらえる可能性がとても高くなるのですが、キャッシングの場合には、原則担保を求めていない関係で、やはり、個人の返済能力によって貸し手となる金融機関はリスク管理が必要となってくるわけです。
より返済を確実にしてくれそうなキャッシング利用者には、有利な金利を提示し、ちょっとリスクがあるかな?
という利用者には高金利で貸し付けるということになるのです。

とはいえ、利息制限法の保護もありますから、もちろん何パーセントでもよいというわけではなく、この法律の中で定められた利率の中での設定となりますので、その点は心配は不要です。 では、実際にどの金利が適用されるのか?
ということについては、実際にそのキャッシング利用会社の審査を受けてみる必要があります。 気になるキャッシングがあれば、まずは相談してみるとよいかもしれないですね。